後からでも妊娠を防ぐ

very much pills on table

さまざまな理由により、危険日に避妊をおこなわずに性行為をしてしまった場合に避妊する手段として使用されるのがアフターピルです。
アフターピルは性行為後72時間以内であれば服用する事で効果を発揮し、避妊を手助けしてくれます。
アフターピルは着床するまでの間に人工的に生理の現象を引き起こす事によって、妊娠を防ぎます。
服用が性行為後72時間までなのは着床までの期間が約7日だからです。
そして服用後生理と同じ症状が現れたらピルの効果により、避妊する事ができたと言えます。生理までの期間は個人差がありますが、おおむね1~2週間で出血され、遅くても3週間までには出血されるでしょう。
また、アフターピルを服用したタイミングで生理までの個人差も大きくなります。
しかし、3週間を過ぎても生理が来なかったり、出血量が少ない場合、残念ながら妊娠してしまった可能性が高いです。
その場合は医療機関の受診や妊娠検査薬を使用するなど妊娠をしているかの確認をする事をおすすめします。

アフターピルの購入は病院やそれに準ずる薬局、個人輸入代行サイトを利用した通販があります。
アフターピルを買いに行くのに病院や薬局は行きづらいと考える方は多いと思います。
そんな方には個人輸入代行サイトを利用した通販が良いでしょう。
通販のメリットは医師の処方箋が必要なく、いつでもどこでも購入でき、そして何より誰にも気づかれずにアフターピルを購入する事ができます。
そして通販は病院や薬局より安価でアフターピルを購入する事もできます。