こまめな検査を

pills type on table

淋病、性器ヘルペス、カンジタなど我々を脅かす性病は数多くあります。
クラミジアもその一つです。
クラミジアの症状として、男性の場合、尿道からの膿の排出や排尿時の痛みなどがあり、尿道炎を引き起こす可能性もあります。女性の場合はおりものの増加や不正出血などがあります。そして女性の場合クラミジアが原因で不妊になってしまう可能性もあります。
クラミジアは感染しても大きな症状が現れる場合がほとんどない感染症です。しかし、症状が現れにくいので感染している事に気づかず知らぬうちに伝染してしまうケースが多々あります。
現在、日本では一番感染者数が多い性病とされています。
感染経路は性行為によるものがほとんどで、オーラルセックスでものどに感染する事があります。
自覚症状がほとんどないクラミジアはこまめな検査が大切です。特に女性は重症化し不妊になってしまわないように検査をおこなうべきです。

クラミジアの検査は医療機関でおこなうのが一般的です。
検査方法としては尿やおりもの、血液からの検査があります。
結果は検査後3~10日ほどで出るのでその日のうちに結果が出るという訳ではありません。
しかし、中には医療機関に行く時間が無い、病院に行くのが恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方にも現在は自宅でおこなう事のできる検査キットも可能ですのでそちらを利用することをおすすめします。
また、検査は匿名でおこなう事もできるのでプライバシー面も心配なく、安心して検査をおこなう事ができます。